軍師官兵衛 第39回「後を継ぐ者」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141013 200841-001
官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」として自分を警戒していると聞きがく然とする。疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めてくれない。そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊。実子がいなかった秀吉は大喜びするが、茶々に夢中なことを風刺した落書に激怒し、疑わしき者を次々と処刑する。秀吉の暴走を止めるため、おね(黒木瞳)は官兵衛に説得を依頼する。

・利休の仲介によって家康と対面することになった官兵衛。秀吉が御伽衆に対して次の天下人は官兵衛だと話しているということを家康から聞かされた官兵衛は、自分に野心がないことを示すために隠居することを決める。しかし、秀吉はそれを許さない。その才知縦横ぶりを警戒する一方で、秀吉の中では官兵衛は替えが利かない大きな存在だった。

・その証明にと、天下人の座はかくも人を狂わせるのかとおねが嘆くほど日に日に加速していく秀吉の暴走を官兵衛が見事に諌めてみせるシーンが描写される。官兵衛の凄みが演出されていたシーンだが、一方でそんな官兵衛に対して秀吉はまだ耳を傾ける余裕があり、また信頼があることも描写されている。

・狂気に取り憑かれる秀吉を竹中直人が活き活きと演じており、まさに竹中直人劇場が続く軍師官兵衛。石田三成と茶々の嫌味ったらしさがその濃厚な演技の見事な引き立て役として加わっており、もう絶対に豊臣の天下は長く続かないということをすごくわかりやすい構図で視聴者に対して伝えているが、秀吉については迫る別れの時に備えて官兵衛との絆をうまいタイミングで挿入していた。

・子どもが出来たことでおねに対して勝ち誇ったような態度をとる茶々とますます複雑な表情みせるようになる北政所(おね)。二人の女のやりとりもどこか狂気じみてきて、今後の話にこの二人の関係がどう影響していくのかが気になる。

・三成と茶々をベタな悪役に押し込める流れに拍車をかけるエピソードばかりだが、この二人の存在に対してはこれからの話のなかでどう奥行きを持たせていくつもりなのか。あるいは、このままチンケな男と女という見せ方で終えてしまうのか。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第39回「後を継ぐ者」 (ドラマ)