軍師官兵衛 第43回「如水(じょすい)誕生」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141027 204809
三成(田中圭)のわなにかかり秀吉(竹中直人)のげきりんに触れた官兵衛(岡田准一)は、てい髪し如水円清と名乗って秀吉の許しを請う。おね(黒木瞳)からの助命嘆願や淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を産んだこともあり、何とか切腹を免れた如水は隠居を宣言。一方秀吉は実子を得たことで関白の座をおいの秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し両者にあつれきが生じる。秀次を危ぶんだおねは如水に助けを求める

・官兵衛、三成の罠にかかり、秀吉に殺されそうになる。意地を貫いて切腹することも考えたが、そう簡単に死ぬわけにはいかないと剃髪し名を如水と改めた官兵衛は、秀吉に土下座をして許しを請う。プライドを守るよりも生き続けること、命を守ることこそが何よりも大事なのだという官兵衛の姿勢そのものが秀吉という天下人であり戦国時代の象徴に対するアンチテーゼとなっており、このドラマの大きなテーマに繋がっている。その容貌といい、死生観を湛えている哲学と生への執着を剥き出しにするところなどは、まるで荒木村重が乗り移ったかのようであったのも趣深い。

・このドラマ、とにかく石田三成が嫌われる理由をすごくわかりやすい単純な描写でもってこれでもかとアピールしているのだが、個人的には常に陰険であることを貫き、老いてこらえ性のなくなった秀吉をうまくコントロールしてみせたりと石田三成のほうが軍師らしく映るから不思議ではある。

・その一方で、官兵衛とは対照的な三成にある小物感が秀吉に自身の天下を脅かさない存在であるという安心感を与え、信頼を置かれる要因になっているのが皮肉的ならば、三成が豊臣の天下を脅かす一番の存在に歴史の流れの中でされていくのもまたそうであった。

・秀頼が産まれたことで淀や三成の策動が更に蠢きだすという形で、秀吉が関白の座を譲った甥の秀次を次第に疎ましく思うよになるという展開になっていたが、本当にどこまでも三成と淀を悪者に仕立てあげようとしているのは苦笑してしまった。こんなに嫌なキャラクターを精一杯作っているのに、淀殿についていえば、このドラマでは大阪夏の陣が描かれないかと思うと少し残念な気がしてくるのだから面白い。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第43回「如水(じょすい)誕生」 (ドラマ)