山賊の娘ローニャ 第4話 「聞こえる口笛」 (アニメ)

                 
pic04_2.jpg
森で怖がらないための練習を始めたローニャは、恐ろしい鳥女を挑発してしまい、追い回されてしまう。仕方なく城に戻ったローニャが、城の大きな裂け目の「地獄の口」で思いがけず目にしたのは…

・今回もローニャが自然と無邪気に戯れる。ローニャは楽しそう。でも視聴者は楽しくない。その時間がとても辛い。アクセントとして挟まれている鳥女が襲いかかるシーンは前回からの流れでの自然の恐怖のメタファーでもあるんだろうが、特に感動もなくさっと流してしまうところが本当にもったいない。そういえば鳥女って世界に唯一無二のユニークな存在かと思ってたが、そうではなく同じ顔と動きしているのが沢山いるっぽい。

・ローニャが山賊の仕事について具体的に何をやっているのか質問するところはなかなか「大人達」をドキリとさせたし、子供からの気まずい質問をはぐらかそうとする大人の姿もちょっと含みがあって面白かった。伏線にもなっていそうだが、ここまでのこのアニメの内容のないスカスカ振りを考えるとあまり期待できなさそう。
                 

コメント

        

        
> > 山賊の娘ローニャ 第4話 「聞こえる口笛」 (アニメ)