軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141104 202241
秀吉(竹中直人)に男子・拾(後の秀頼)が生まれ、生母・淀(二階堂ふみ)と三成(田中圭)は拾を豊臣家の跡継ぎにすべく暗躍。邪魔者と化した関白・秀次(中尾明慶)は切腹に追い込まれる。秀吉の死期が近いことを悟った如水(岡田准一)は、再度の朝鮮出兵を宣言した秀吉の側に仕え、その暴走を押さえこむ道を選ぶ。如水、長政(松坂桃李)より朝鮮出陣を止められた次男・熊之助(今井悠貴)は思わぬ行動に出て、悲劇を招く。

・最近の軍師官兵衛は登場人物それぞれの思惑の絡み合いが緊迫感を演出していて面白かったのだけど、今回は久々につまらない回だった。前回、隠居した官兵衛が退屈そうにあくびをするシーンがあったが、老いた秀吉との対立を止め、最期が迫る彼を見守るというスタンスに変えたことで視聴者があくびをする羽目に。話の展開も今回はマンネリ気味。

・見どころは、老いてその生命を枯らす秀吉を竹中直人が前回までとは違うトーンで見事に演じきっているところと、鶴見辰吾演じる小早川隆景と官兵衛の別れのシーン。小早川隆景、いい味出してました。

・自分は官兵衛ファンが言うほど寺尾聰の演じる家康の右目が開かれるシーンの演技(演出)はあまり評価していない。長生きはするもんじゃのセリフは良かったと思うけど。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第44回「落ちゆく巨星」 (ドラマ)