軍師官兵衛 第45回「秀吉の最期」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141110 105421
父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向かった熊之助(今井悠貴)は行方不明となり、出発を目撃しながら制止しなかった糸(高畑充希)は罪悪感を募らせる。死期が近づいた秀吉(竹中直人)は、豊臣家の先行きを憂い、如水を朝鮮から呼び戻し、秀頼らの行く末を託すが、如水は意外な答えを口にする。一方、淀(二階堂ふみ)と三成(田中圭)は天下をうかがう家康(寺尾聰)への警戒を強める。

・秀吉と官兵衛の最後のやりとりが演出されている。秀吉が保守的になったあまりの己の酷い行いと官兵衛の期待するような天下人になれなかったことを懺悔するシーンは官兵衛を通して視聴者に向けられており、竹中直人秀吉に対して擁護的に繕っている。個人的には良かった時の反芻を続けて同情を引こうとするところを含めて、どこまでも老人の戯言にしか映らなかったが、官兵衛と秀吉のこれまで描かれた付き合いを踏まえると、それでも自然と感慨深いものがこみ上げてくるのだからドラマであり絆というものはすごいものだ。

・秀吉から豊臣(秀頼)のことを頼まれた秀吉に官兵衛が自身の野心を否定せずに、天下人はそれにふさわしい人間がなるものだとはっきり言い切ったところは良かったと思う。

・今回の話で朝鮮に向かう途中の船の転覆がしたことで熊之助が死んでしまい、光(中谷美紀)がそれを受け入れられないでいるのを官兵衛が受け入れろと叱るシーンがあるが、これは秀吉の死を冷静に受け入れているようで実は官兵衛自身もまだ整理しきれていないところがあるという心境への比喩的な演出になっているのもなかなか粋であった。

・秀吉が死んだことで、天下取りへの野心を剥き出しにし、策動を始める家康。この家康の狸っぷりを寺尾聰の今までなかなか開いてなかった右目がカッと覚醒したかのように見開くという演技(演出)によって表現している。前も書いたが、自分はあまりこの障害を利用した演技であり比喩演出をあまり評価していない。どこまでも真摯な官兵衛とどれが真かわからない家康という存在の対比にもなっているのだろうけども、不具者の官兵衛が築いてきたこのドラマのある面をスポイルしてしまっているようにも思う。目が開くとか開かないとかいうそれそのものにケチをつけるつもりはないのだが、あちこちで繊細なまでに配慮が巡らされたこのドラマで、それはいいのかというのが気にはなってしまう。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第45回「秀吉の最期」 (ドラマ)