ランボー 最後の戦場 (映画)

                 
ランボー 最後の戦場 (期間限定価格版) [Blu-ray]ランボー 最後の戦場 (期間限定価格版) [Blu-ray]
軍事政権の暴挙に世界の注目が集まるミャンマー。
軍による少数民族への迫害が激化する中、ランボーは淡々と生きていた。
ある日、少数民族を支援するボランティア団体の女性、サラが彼の前に現れる。
彼女の情熱にうたれたランボーは、彼らを目的地まで送り届ける。
しかし、数日後、ランボーに届いたのはサラたちが軍に拉致されたとの報せだった。
救出のために雇われた最新装備の傭兵部隊5人に、手製のナイフと弓矢を手にした1人の男。
傭兵たちはそんなランボーには目もくれない。
彼らはまだ知らない、その男が歴史の戦士であったことを…。
そして今、ランボーの最後の戦いが始まろうとしている―。

(引用 amazon ランボー 最後の戦場 (期間限定価格版) [Blu-ray]

2008年のアメリカ映画。ランボーシリーズ第4作。

20年ぶりに帰ってきたシルヴェスター・スタローンのランボーの標的にされるのはミャンマーの軍事政権。
軍によって迫害される少数民族を支援するボランティア団体のある女性の情熱に胸を打たれるランボー。しかし、彼女が軍によって拉致されたという報せが届くとランボーのもとに届く。そして、彼女を救出するために今回の戦いが繰り広げられる。

理不尽な暴力に対して、ランボーが力で挑んで弱いものを救おうとするお馴染みの分かりやすい構成になっているのだが、単に勧善懲悪のヒーロー物になっているのではなく、戦いの虚しさ、戦場でしか生きてはいけない男の哀しさが同居しており、それが作品の色彩に強く影響を与えているのも本作シリーズのお約束といえるのかもしれない。

ただ、死であり「虐殺」のリアリティを意識したような演出として、最初から最初まで血が噴き出し、人が肉片と化すといったグロテスクな描写だらけなのは映像として非常に迫力があったものの、結局それだけという印象も抱かせた。そのインパクトにそれ以外の要素がすべて負けてしまっているのが残念だ。
とはいえ、スタローンのアクションは見事であったと思うし、戦闘シーンもよく練られていて、とてもスリルに溢れていた。

それでも、どんなに言い繕っても、旧日本軍の描き方にも通じるような、発展途上の野蛮なアジア人による民間人への虐殺行為や女性への性暴力を白人(アメリカ的価値観)が救うという構成そのものにヒロイックな意味付けがなされており、ベトナム戦争帰りの若者がアメリカ社会に受け入れてもらえず、その嘆きを表現していた1作目と比べると、ランボーはやはり国家(正義)と重なる存在になってしまっているので、どうしてもストーリーの面では奥行きが演出しきれずに、陳腐になってしまっている。

ランボーが故郷に帰るということに対して言及するが、それはどういうことなのか、それを考えるのは本作の面白いポイントの一つであるはずなのだが、もはやランボーが国家(正義)から疎まれ、逸脱したアウトローな存在という前提が茶番と化しているので、観ている者に迫ってこない。しかし、相変わらずランボーは近代戦のアンチテーゼとして己の肉体を一番の武器にして戦うマッチョな男であり、そこは一貫しているので、そこから辿って考えてみるとちょっと面白い。
                 

コメント

        

        
> > ランボー 最後の戦場 (映画)