軍師官兵衛 第46回「家康動く」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141117 122907
秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾聰)と、大老・前田利家(横内正)と結ぶ三成(田中圭)との権力闘争が始まる。家康は秀吉の遺言を次々と破り三成を挑発、天下への野心をあらわにする。如水(岡田准一)は一触即発の事態の収拾を図るが、淀(二階堂ふみ)とおね(黒木瞳)の亀裂も決定的となり、利家の死で均衡は崩れ、家康派の武将による三成襲撃事件が勃発。如水は家康の行動の真意を悟る

・天下を手中に収めんと動き出す家康は、合戦を起こすために三成を挑発する。それに対して三成も家康の野望を阻止しようと兵を挙げることを考え、頼みの綱である前田利家に打診するが、そこに官兵衛(如水)が現れ、前田利家が諭されてしまう。しかし、そうこうしているうちに高齢で体調の思わしくなかった前田利家が死ぬと、家中の均衡は崩れ、三成を嫌う家康派の武将に三成は襲われることとなる。

・今まで小悪党の一面しか覗かせてこなかった三成が百戦錬磨の家康の野望を阻止しようとちょっと主人公な顔つきを見せるところが面白い。そして、家康とは生きた年の数であり、経験が違うのか、それとも生来の器の差か、三成は結局家康の手のひらの上で踊っているに過ぎないと、三成をキレ者に描写しつつも、老人には敵わない若者の儚さが視聴者にわかりやく演出されているのが巧い。

・それは、官兵衛の息子である長政についても同様で、というところは奥行きを演出しつつも、やはり長政の魅力(威厳)をちょっと削いでしまっており、このあたりもいつまでも官兵衛に及ばない青二才という域から抜け出せないのがかわいそうな程であった。

・一方、その官兵衛は、天下泰平の世を築くためにとうとう自分が天下取りに名乗りをあげることを決める。しかし、それは今まで野心を抱き続け、長いこと雌伏していた家康に比べると準備の期間も含めて、時すでに遅しではあったのだが……。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第46回「家康動く」 (ドラマ)