リアル・ハント (映画)

                 
リアル・ハント [DVD]リアル・ハント [DVD]
ある片田舎に住む家族。生後3か月になる子供を含め、4人の子育てに疲れていた母親は産後の鬱に悩まされるようになっていた。そんな時、夫が仕事で家を長く空けたことで、その症状はますます重くなり、ついに常軌を逸してしまう。可愛い我が子をひとりひとり、じわりじわりと追い詰めて襲い始める。わが子をわが子とも思わないのか、それとも全くの「他人」となってしまったのか。豹変した母親から長男のジミーは、弟や妹たちを必死に守ろうとするがのだが……。ジミーにとってはあまりにも耐え難い現実。果たして母親、父親、子供たちは無事、もとの暖かい“家族”戻れるのだろうか!?

2008年のアメリカ映画。

実話を基にしたというスプラッタ系のホラーで、アメリカの片田舎に住む家族で産まれたばかりの赤ちゃんを含む4人の子育てに追われる母親がマタニティブルーから精神に破綻をきたし、狂ったように子どもたちを次々と殺していく。

トラック運転手の夫は家を長く空けることが多く、誰にも相談できず、シッターに任せて休むことも許されない環境のなかで追い詰められていく母親の姿から社会派映画としての面も備えているが、基本的にはしっかりしたホラーになっており、母親が子どもをトラクターで追い回したり、農具で突き刺したりと、なかなか映像に迫力があるし、子ども正気を失った母親に次々と殺されていくという展開はショッキングだった。

4人兄弟の一番上のお兄ちゃんが主人公として弟と妹を迫り来る恐怖から必死で守ろうとするのだが、なかなか言ったとおりに動いてくれない幼い弟妹にもどかしさを感じ、己の無力さという残酷な現実を突きつけられるところは、比喩的に母親が立たされた苦境そのものが重ねられており、このへんの演出も見事である。

ところで、ハリウッドでは子どもを残虐な方法で殺すのはタブーとされている、と聞いたことがあるが、本作では子どもも犬もお構いなしに殺されている。実話を基にしたというキャプションが作品の冒頭につけられているが、予めそういう風に断っておけば受け入れてもらえるということなのだろうか。

実際のところは分からないが、ただ、子どもから離れて全てから開放されたい時があるという母の切実な願いは子を持つ多くの女性から支持されるものだろう。
                 

コメント

        

        
> > リアル・ハント (映画)