軍師官兵衛 第47回「如水謀(はか)る」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141130 173815
家康(寺尾聰)によって隠居に追い込まれた三成(田中圭)は反撃の機会をうかがう。対して、如水(岡田准一)は天下へ名乗りを上げるべく、ひそかに形勢を探り始める。家康は黒田と関係強化を狙い、長政(松坂桃李)に養女の栄(吉本実憂)との縁談を持ちかける。家康を天下人に押し上げると覚悟を決めた長政は糸(高畑充希)に離縁を告げる。家康は上杉を討つため出陣。大坂が空になり、ついに三成が挙兵、如水も出陣を決意する。

・儂は我が道を征く。ああ、官兵衛様格好いい。しかし、官兵衛が見立てた通りの予定調和的な展開にしているが、結局家康に上を行かれることを考えると、却って官兵衛の小物感がここに来て際立ってしまっているように思う。

・対照的に必死にあがこうとする三成の姿が個人的には好印象。一応、善政を敷いた人ということになっているそうなので、これを機会にもっと三成の魅力を全面に押し出した演出があっても良かったのではないだろうか。どうしても官兵衛の野心を悪く映したくないからなのか、三成の魅力は出せるところでも露出が抑えられていて、そのへんのもどかしさも官兵衛の姿を褪せたものにしてしまっている。

・作品序盤で官兵衛としのぎを削ったあの食わせ物の安国寺恵瓊が自分が勝ち馬乗りに間違えたことはないと自信満々に毛利を背負って三成側につくことを決めるのには泣いた。ま、まあ、西軍有利だったのは間違いないらしいから……。このあたりは小早川隆景の存在に思いを馳せることが出来る演出にもなっており、小早川隆景の存在の偉大さがこっそり強調されているのは面白かった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第47回「如水謀(はか)る」 (ドラマ)