軍師官兵衛 第49回「如水最後の勝負」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141208 164618
如水(岡田准一)はひそかに天下取りの野望を抱き九州平定に乗り出した。黒田勢は三成(田中圭)によって九州に送り込まれた大友勢と激突、九郎右衛門(高橋一生)の活躍で敵の猛将、吉弘統幸(的場浩司)を討ち取り大勝利、九州を席けんしていく。一方、家康(寺尾聰)と三成、東西両軍激突の瞬間が近づいていた。長政(松坂桃李)の調略が功を奏し西軍は内部分裂状態。形勢挽回を図る三成は関ヶ原に兵を集め家康に一大決戦を挑む

・いよいよ始まる天下分け目の関ヶ原。三成は官兵衛と家康に対するコンプレックスをむき出しにしながら、必死に勝利をもぎ取りにいく。

・一方、こちらも天下取りの野心に目覚めた官兵衛は三成と家康が潰し合う隙にと九州平定に乗り出す。平和な世の中を目指していた官兵衛だったが、隠居した時に退屈そうにあくびをしたことからもわかるが、やはり生来の戦好きのようで、合戦が始まると、血がたぎり、途端に表情が生き生きしだすのが面白い。このあたりの人間の矛盾が皮肉としても形成されている。

・三成と大谷吉継の関係や、九郎右衛門と吉弘統幸のドラマなど、今まで描かれてこなかったそれぞれの絆をいきなりパッと出して強引に盛り上げる材料にしているのは視聴者を置き去りにしている感はあったし、もうちょっとやりようがあったのではないかというところで勿体なさを感じた。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第49回「如水最後の勝負」 (ドラマ)