ヘルプマン!3巻

                 
ヘルプマン!(3) (イブニングKC)ヘルプマン!(3) (イブニングKC)

・介護虐待編。

・元エリートの父親に厳しく育てられたやや元エリートの息子が早期退職制度で会社を辞める羽目になり、女房にも逃げられ、生家に戻ってくるが、そこで目にしたのは昔自分を躾けた父親のひどく衰えた姿だった。老いて威厳がすっかり失われた父親であったが、自尊心の高さは相変わらずで、福祉の世話になることを強く拒み、排泄もおむつではなく、トイレですることにこだわっていた。

・そんな父親の世話に四苦八苦する母の姿を見かねて息子が介護の手伝いをしようとするが、夜中にトイレの世話で何回も起こされるなど、そのあまりにも厳しい現実にわずか一日でぐったりと疲れ果ててしまう。

・追い打ちをかけるように頼みの綱の母親が入院してしまうと息子は父親に強制的におむつを穿かせるなど実力行使で自分の生活を守ろうとする。しかし、自尊心をひどく傷つけられた父親は息子の自尊心を傷つけるようなことを口にして激しく抵抗する。追い詰められた状態で自分の自尊心を傷つけられた息子はとうとう父親に対して荒っぽい対応をするようになり、「虐待」とみられるような行為にも走り出していく……。

・テーマとしては、介護される側の尊厳と介護する側の尊厳のぶつかり合いになっており、息子が自棄を起こすとそれと鏡写しのように父親が廃人となる描写から、介護する側ももちろんだが、介護される側も単に拘束して寝たきりにしておけばいいのではなく、自尊心や気力といったものを維持してもらうことが重要であることが伝わってくる。

・とはいえ、じゃあ介護する側の気力はどうすればといったところで、プロ、つまり介護士が登場するわけだが、現実ではその介護士自体が漫画のようにすぱぱーんとなんでも解決してくれるスーパーマンではなく、やはり同じ介護する側の人間ということに起因する問題があるわけで、この漫画、家庭内介護についてはすごくどろどろと暗くそしてリアリティと迫力のある描写をし続けるのに、それを解決するためにプロの介護士の力を借りましょうといった場面から急に演出が飛躍しすぎて地に足がつかなくなるのが気になるところだ。
                 

コメント

        

        
> > ヘルプマン!3巻