テニスの王子様19巻

                 
テニスの王子様 (19) (ジャンプ・コミックス)テニスの王子様 (19) (ジャンプ・コミックス)

・手塚、怪我の治療のために九州に発つことになる。手塚を欠いた青春学園はガワ的にはピンチでどうしようとなっているが、内部的にはこれで話が作りやすくなったというところだろうか。なんて冷めた目で見てしまう。

・ところが、新生青学として迎えた緑山中との関東大会二回戦、お約束のように試合前に緑山中は凄腕プレイヤーの集団であることが演出されるのに、終わってみると緑山中を全く寄せ付けない圧勝で描写も随分とあっさりしたものだった。意外な展開によって手塚以外の青学メンバーも十分に凄いことを改めて実感させたし、まさにリョーマが青学に入学したあの1巻の頃を思い出したという点でも、再スタートの切り方として巧いと思った。

・そういえば、リョーマパパの後輩だったという元プロの息子がリョーマと戦っていたが、パッとしなかった。ちょっと勿体無い気もしたが、それぐらいでいいのかな。頭文字Dでも似たようなシチュエーションあったけど、いまひとつ印象に残らなかったし(なんじゃそりゃ)。親に玩具のようにされながら生き方を決められた双方の息子の姿を映しつつ、あえて試合内容を深くしないのはここに作者なりのアンチテーゼがこめられているのかもしれないが。

・青学より盛り上がったのは山吹中と不動峰中の戦い。こういう読者目線で既に対戦経験のあるライバル校同士の戦いはやっぱり面白い。ラッキー千石とリズムに乗るぜの神尾の対決がメインで描かれるが、まさかのといっては失礼だが、どう見ても登場人物格として上でそして恐らく女性人気でも神尾より高いであろう千石が神尾に負けてしまう。こういうところで調整しちゃうのかあと感嘆しながら意外づくしの19巻を堪能したのであった。
                 

コメント

        

        
> > テニスの王子様19巻