テニスの王子様23巻

                 
テニスの王子様 (23) (ジャンプ・コミックス) テニスの王子様 (23) (ジャンプ・コミックス)

・すごいよ、リョーマ君は。バトル漫画の常識を覆す本番前の野試合で相手の真打ち級である切原赤也を本気にさせた上で勝っちゃうんだから。捻りがないようでこの意外性、まさに「そういうのもあるのか」(孤独のグルメ)。

・これ、また赤也とリョーマはやるんだろうか。

・と、読者が考えているうちにいよいよ立海大付属との試合が始まる。初っ端のダブルス2に海堂・桃城組が登場。が王者チームの前に力戦むなしく敗れてしまう。そう、ここまでの過程でこのダブルスがかませ犬になるだろうと思わせておいて、そうしてこなかったのはこの試合で如何に立海大付属が凄いかということを示すための伏線であったのかもしれない。それでも、もう少し海堂桃城コンビの良さを描きこんで欲しかった。今までの負け試合に比べるとアピールポイントはあったものの、やはり「負けること」を前提に描かれていたような気がするから。
                 

コメント

        

        
> > テニスの王子様23巻