将 ショウ (漫画 しげの秀一)

                 
将〔ショウ〕(1) 将〔ショウ〕(1)
潜在的な波動(ウエーブ)を持つ格闘の天才、その名は“将”。彼の闘いは、ある朝突然、始まった!! 不気味な雰囲気をもって転校してきた“結城”。彼は学園内で結城グループを作り上げ、グループの優位を絶対的なものとするため、将の友人でもある秀樹をも叩き潰す。しかも、彼の裏にはまだ正体の見えぬ黒幕の姿が見え隠れし……。そして、将との闘いが始まる。今、朝霧高で何が起きようとしているのかっ!?

あの頭文字Dのしげの秀一先生がバリバリ最強伝説と頭文字Dの間に連載していた超能力学園バトル漫画。空手の天才であるイケメン主人公がヤンキーグループやその裏にいる闇の組織と抗争を繰り広げる。時々デッサンがやたら狂うしげの秀一先生の画風はお馴染みだが、それなのに絵の下手さを感じさせない、むしろ味のあるものに捉えることができるのだから不思議だ。

ただ、しげの先生はバイクや車と違って格闘にはそれほど執着がないのか、単調で投げやりな展開と、絵もそうだが、特に話の流れの中でのキャラの描き分けが出来ておらず、分かりにくさ・読みにくさがあったのが残念だった。

困ったときのお色気頼みというのか、しょっちゅう女の子のパンチラやブルマをサービスしている。人によっては誰得(誰が得するんだよの略)と思うかもしれないが、個人的にはしげの先生の描く女の子は結構魅力的に映る。最後は結局打ち切り漫画のような無茶苦茶で中途半端な締め方をしていたのはちょっと擁護できないけれど……。
                 

コメント

        

        
> > 将 ショウ (漫画 しげの秀一)