ルーキーズ (漫画 森田まさのり)

                 

ROOKIES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
二子玉川学園高校(通称ニコガク)へ赴任してきた新人教師・川藤幸一(かわとうこういち)。そこで彼が出会ったのは部員の起こした不祥事により活動停止中の野球部。かつては春のセンバツ甲子園出場まで果たしていた伝統ある部も、現在では不良達の溜まり場と化し、部員達は自暴自棄になっていた。 そんな部員達の心の奥底に残る情熱を見抜いた川藤は野球の「や」の字も知らなかったが、自ら顧問となって野球部の再建に乗り出す。初めは川藤を馬鹿にしていた不良部員たちであったが、次第に彼の親身になって自分たちと向き合おうとする態度に動かされ、様々な試練や逆境に見舞われながらも一致団結して夢の甲子園を目指し奮闘していく。 しかし川藤には、以前赴任していた学校で更生させようとした不良生徒に重傷を負わせてしまい、辞任した過去があった・・・。

『ろくでなしBLUES』の森田まさのりが挑む高校野球漫画。

不良の溜まり場と化している野球部の顧問となった新人教師・川藤幸一の教育者としてのひたむきな熱意と優しさ、そしてユーモラスさが多くの者の胸を打ち、やがて野球部員達を甲子園を目指すどこにでもある当たり前の球児へと更生させていく前編を読む限りでは、野球シーンよりも喧嘩のシーンのほうが気合が入ったような描写にしているようにも映り、やっぱりこの著者は野球よりもヤンキー同士の殴り合いの方が好きなのかなと感じたが、予選大会の試合が舞台となる後編ではさすがに野球の試合がメインとなり、野球漫画としての面目躍如ともいえる濃密な野球シーンが延々と堪能できる。

TBS系列で実写ドラマ化されたが、この作品自体が如何にもTBSにありそうなヤンキー青春ドラマの漫画化といった風ではある。それぞれ様々な事情を抱えているであろう理屈が通じない情緒不安定な若者達を教育者(大人)の熱意による単純な理屈でねじ伏せてハッピーエンドに導いていくという過程はどんなに飾り立てられても新興宗教チックで、実写で思い浮かべると途端に背筋が寒くなるという人もいるかと思うが、漫画だとそう感じさせない、森田まさのり氏の筆力・画力・構成力に唸らされるばかりであった。

野球に関心がある人だと、ニンマリと出来るシーンがある。ヤンキーでなかった人でも、こんな青春いいかもねと思えてくる。川藤を見ていると、こんな格好良くて喧嘩も強い、カリスマ性のある大人の男になりたいと動き出し始める。近くにいる頑張ってる人を素直に応援したくなってくる。そんな素敵な漫画ではあった。

二十歳になろうが30になろうが、何かを始めるのに遅すぎるということは絶対にないんだ。 by 川藤。

そうね、いい大人が漫画読んでもいいじゃない。これが川藤菌か。
                 

コメント

作者は、かつては週刊少年ジャンプの長期連載が多かったですが、
今は掲載紙を移して活躍しているみたいですね。
この作者に限らず、90年代や2000年代前半に
週刊少年ジャンプで人気の高かった作家が活躍の場を他誌に移していることを
考えると、読者層が大分変化したのでしょうかね。

週刊少年ジャンプでかつての人気作家が激減したことを残念に思うか、
新しい作家の作品に期待するか、複雑なところです。
 ジャンプの場合、ものすごく人気投票に影響されるんだと聞きました。今までの、ジャンプに対する貢献度は関係なく。
 例えば、北条司なんて、『シティハンター』『キャッツアイ』っていう大ヒット作品を生み出して、すごくジャンプに貢献したのに、その後、あまりパッとしなかったら、すぐに連載打ち切り、担当者の扱いもぞんざいなものになったそうです。
 どこの雑誌も、競争が厳しいので、そういった事はあるでしょうが、とくにジャンプの編集部はシビアだとか。

 
ジャンプの人気投票至上主義は有名ですね。

個人的には他誌に移ったあとの徳弘正也なんかはかなり好みではあるものの、あれは少年ジャンプじゃ難しいだろうなと思う内容なので、そのへんは考えさせられます。

ほったゆみあたり、青年誌でなんかやってくれんかなあとか思うのですが……
        

        
> > ルーキーズ (漫画 森田まさのり)