とんかつ食べ歩き7 千葉県千葉市中央区富士見のさくら水産千葉東口店 日替わり定食B(豚ロースかつ+青野菜) 500円

                 
qqMb82NxIZqQa6Y1431563359_1431564018.jpg 
fIDA9AaVv9iq1931431564319_1431565051.jpg 
oWd0asPssfuOWEZ1431565086_1431565364.jpg

ワンコイン(500円)でごはん、味噌汁、お新香、生卵、板のりが食べ放題というコストパフォーマンスの高さでその筋の人には有名なさくら水産のランチ。以前はふりかけも提供されていましたが、今は廃止されているようですね。

この日の日替わり定食はAがさごし塩焼き+大根おろし、Bが豚ロースかつ+青野菜でしたが、とんかつを食べるためにさくら水産に入ったので迷わずBを選択。

食券を出してわずか数秒で出てきたとんかつは、ペラペラとまではいかないものの間違いなく薄めの部類に入る厚みのなさで、値段を考えると仕方ないとはいえ、スーパーの惣菜コーナーの300円ぐらいのとんかつと比べても質や食べごたえにかなり水を開けられており、物足りなさを感じましたが、それでも一応ホカホカでサクサクの揚げたて感ぽさを味わえるところは飲食店としての面目躍如といったところでしょうか。

味噌汁はサーバーからワンプッシュで出てくるタイプのインスタント。安っぽさはあるものの、これがおかわり自由って結構すごいのかも?

同じくおかわり自由、セルフで盛り放題のごはんはお世辞にも艶やふっくら感があるとはいえず、ぼそぼそではないが、もそもそ感のあるやや残念なクオリティで、ある意味、客に長居をさせないためのマクドナルドの固い椅子とかの環境管理型権力に通じるものがあると考えてしまうほどでした。

食べる前は値上げの嵐が吹き荒れる外食業界の中で今でもお値段据え置きでワンコインランチのサービスを維持し続けているさくら水産を応援しようと思っても、実際に食べた後ではそんな気が失せているのだから、このごはんはなかなかのインパクトです。

若い頃はこれだけ食べて500円!と目を輝かせることが出来たさくら水産のランチ、年を取ったのか、今回は500円ならこんなものかなと何とも微妙な気分に陥りましたが、それでも自分なりに目一杯盛ったごはんを3杯ほど食べたのですから、満喫したといえるのではないでしょうか。

質にこだわらず目一杯ごはんを食べたいという人、またおかずがなくなってものりや生卵や味噌汁だけでごはんを食べることが出来るという人に。

個人的評価 ★★★ 3.2
                 

コメント

 好評の「とんかつ食べ歩きシリーズ」ですね。楽しみにしてました。
 500円でこの量だったら、良心的ですね。やっぱり、お店の中は学生さんでいっぱいですか? 生卵って、炊き立てあつあつご飯じゃないと、うまく半熟にならないですが、人気あるんでしょうか? 個人的には、生卵を無しでいいから、味噌汁をもっと充実してほしいな。乾燥ワカメをお客さん自身で入れるようにしてほしいです。
 さくら水産という名前から、魚料理の方が得意な店なんでしょうね。
>>keiさん

繁華街ではありますが、学生街からは遠いのでビジネスマンがメインのようでした。
味噌汁は最初から具がセットしてあって、サーバーのボタンを押して味噌汁を入れるタイプでした。確かにアレンジ出来ると面白そうですね。

味が気になるという人は多いのか、お昼のピークでもあまり客入りが芳しくなかったのが気になります。地下にあって場所がやや分かりづらいのでそれもあるのかもしれませんが……。

今はやよい軒とかここより200円ぐらい上乗せすればごはん食べ放題でそこそこ美味しいもの食べさせてくれるところが他にありますしね。
        

        
> > とんかつ食べ歩き7 千葉県千葉市中央区富士見のさくら水産千葉東口店 日替わり定食B(豚ロースかつ+青野菜) 500円