テニスの王子様41巻

                 
テニスの王子様 41 (ジャンプコミックスDIGITAL) テニスの王子様 41 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・不二、手塚のコピーに勝つ。さすが天才。でも、樺地もそうだったけど、手塚のコピーできる奴の方が天才じゃ……、とツッコミを入れる読者に対してコピーは所詮コピーでしかないとフォローが入れられてました。でも、じゃあコピーマンの存在価値って……。

・D1は大石菊丸の黄金コンビ。苦戦するが、それは全て越前が記憶を取り戻すための時間稼ぎだった。ここで立海大付属の丸井・ジャッカルペアが完全にこけにされる。しょうがないよね、誰かが負けないといけないといけないんだから。手塚だって最後の最後に負けたし。でも、この負け方はかわいそう。勝った方も魅力をアピールしきれていないし。

・記憶の喪失の越前は実は親父と修行してたらアクシデントに見舞われてそうなってしまっていたのだった。越前の記憶を取り戻せ、ということで、今まで対戦したライバルたちが次々と越前と打ち合う。田仁志君だけ痣がつけられててかわいそうだけど、仕方ないよね、そういうキャラなんだし。いや、それがかわいそうなんだけど。

・記憶が戻った越前は「神の子」幸村と対戦する。この幸村、わざわざ越前と1球勝負で互角に渡り合った遠山金太郎を完全に寄せ付けない圧倒感を見せつけて、ラスボス感を全力で演出。インフレはバトル漫画の宿命とはいえ、やり過ぎな気もするが、最後だからいいのだろか。でも、これで最後だと遠山金太郎の存在が結局単なるムードメーカーでしかなくていまいちよくわからないな……。
                 

コメント

        

        
> > テニスの王子様41巻