制服サバイガール (映画)

                 
制服サバイガールI (1WeekDVD) 制服サバイガールI (1WeekDVD)
“サバイバルランド”へようこそ。グラビアアイドルたちが制服姿の女子高生に扮し、壮絶なサバイバルを繰り広げるアクション・スリラー!!『スケバン刑事』『お姉チャンバラ』『片腕マシンガール』など、制服を着た少女たちが、武器を振り回して戦う作品は、「ジャパニメーション」同様、日本文化の代表! お色気あり、アクションありのてんこ盛り!!

2008年の日本映画。アクションホラー。

グラビアアイドル達がセーラー服を着た女子高生を演じるゾンビ系の映画で、テーマパークを舞台に、遺伝子組み換え作物によって変異した植物たちに襲われて化け物にされてしまった者達と女子高生達が戦う。

如何にも低予算で作られたB級映画らしいチープさが終始漂うが、グラビアアイドルはさすがに今どきのタレントという感じで、動きこそ迫力とキレがないものの、棒読みにならない演技力はなかなか。

仲村みうが出ているからと期待した人もいるかもしれないが、女子高生たちはパンチラまたは下着に擬した白水着チラなどのサービスなし。お色気まったくなし。

ゾンビとなった元人間の仲間たちとの殺し合いがメインで、そこから友情物語などに派生していくわけだが、掘り下げとウエット感がなく、脚本と演出が弱い。あまり湿っぽいのを見せられても困るとはいえ、話に奥行きが全くないのは残念だった。

テーマ的には、遺伝子組み換え作物が齎したのは食糧問題の解決と人類の繁栄ではなく、人類を化け物に変えて殺し合いをさせるという社会派のようにも読めて面白かったので、もう少し企画と脚本を練り込んで欲しかったところではある。

ゾンビの弱点が除草剤で、これが効かなかったら化け物じゃないことが証明できると女子高生たちが一人一人身体に除草剤をかけていくというシュール極まりないシーンがあるが、危険なので良い子は真似をしないようにしましょう。
                 

コメント

        

        
> > 制服サバイガール (映画)