響け!ユーフォニアム 第一回 ようこそハイスクール (アニメ)

                 
hibike0101.jpg hibike0102.jpg
中学の吹奏楽コンクールでの麗奈の言葉が忘れられないまま、久美子は北宇治高校に進学した。
クラスメイトの葉月と緑輝に誘われ吹奏楽部の見学に行くと、そこへ麗奈がやって来て――。

今度の京アニは吹奏楽部だ。というわけで、4人の女子高生が主役となって織り成す学園青春ストーリー。まーた京アニが二匹目のどじょうを狙って「けいおん」みたいなの作ってるよと半ば呆れた方もいるのかもしれないが、どうも今回の部活動は放課後のお茶がメインだったカジュアル路線の軽音楽部とは違って、全国大会や金賞をキーワード(目標)に、かなり真剣に吹奏楽に取り組む汗と涙の熱血路線でいくのではないかと思わせた第一話だった。

高校の吹奏楽部が舞台となっており、少人数で構成できていた軽音楽部のように4人だけで完結するのではなく、話の流れの中で必然的に他の多くの部員たちとの関係性も濃密に描かれていくことが示唆されていたのもけいおんとの違いだろうか。また、部活動に対して取り組む姿勢の温度差とそこから来る主人公の葛藤から、トーンが暗くなることを厭わない複雑なエピソードにも果敢に挑んでいくように思われたのも楽しみではある。

ただ、文化系の仮面をつけた実質体育会系の部活動である吹奏楽部に対して真摯に向き合っていく制作サイドの決意の表れなのか、いきなり主人公に男の影がちらつくなど、安心の京アニブランドによる萌え重視の日常系アニメだと早合点して試聴すると手痛い目に遭いそうなリアリティ重視の演出があちこちにちりばめられているのだが、多くの視聴者にとっては、萌えられるとか泣けるとか癒されるとかよりも、京アニがそんなに大げさにストーリーに凝ったところで、果たしてうまくまとめあげられるのだろうかという点で多くの視聴者が不安に陥りそうな第一話としての出来でもあった。
                 

コメント

        

        
> > 響け!ユーフォニアム 第一回 ようこそハイスクール (アニメ)