響け!ユーフォニアム 第七回 なきむしサクソフォン (アニメ)

                 
hibike0701.jpg hibike0702.jpg
オーディション、そしてコンクールに向けて部員たちも練習に熱が入る。
そんな時、上手く吹けない葵に滝は「いつまでに吹けるようになるのか」と問いかける。
滝の問いかけに葵は……。吹奏楽部に衝撃が走る。

伏線が張られていたので視聴者としても薄々そうなることは覚悟していたが、今回の話の中で本当に葵ちゃんが退部してしまう。やる気のある部員がそうでない部員と衝突して抜けていった過去の出来事が絡められているが、集団が一枚岩となって猛練習に取り組むことへの違和感を比喩的に表現して投げかけているというのがこれまでの話の流れからわかる。一番のポイントは、オーディション制を取り入れて全国大会を目指すことで部の全体としてはやる気が向上したものの、結局、こちらも意識のレベルが違う者同士の共存は叶わなかったというところだろう。

そして、前回から唐突に始まった葉月の片思い。今回では久美子を巻き込んでの三角関係に発展する兆しを見せる。このきらきらのすぐ裏にあるどろどろ感、これが吹部か……。まさに青春。
                 

コメント

        

        
> > 響け!ユーフォニアム 第七回 なきむしサクソフォン (アニメ)