映画けいおん! (映画)

                 
映画 けいおん!  (DVD 初回限定版)映画 けいおん! (DVD 初回限定版)
かきふらい原作の4コマ漫画をアニメ化した人気シリーズの劇場版。卒業を控えた唯たち軽音部3年生は、いつもの気まぐれで卒業旅行を企画。後輩の梓を加えて候補地をクジで決めた結果“ロックの聖地”イギリス・ロンドンへ向かう。

(引用 amazon 映画 けいおん! (DVD 初回限定版)

2011年の日本映画。
軽音部に所属する女子高生達のゆるい日常を描いた人気アニメの劇場版。

本作映画ではロンドンへの卒業旅行前後が描かれている。
テレビアニメ版同様に「けいおん」らしい地に足をつけながら空気を浮つかせた、大きな起伏のないゆるい日常を延々と繰り返し、その中の繋がり、何気ないコミュニケーションであるとか些細な発見や出来事に価値(ユーモア)を見出して共有しながら楽しむというソーシャル・ネットワーキング・サービスが発達・定着した現代を反映させたような、よく云えば他者(視聴者含む)が期待する理想的なロールプレイ、悪く云えば字面的な作りになっており、それでいて共感のセンスがきっちりとユーモラスで「素直」だから、その点ではけいおんファンなら安心して楽しめる出来になっていると思った。

ロンドン旅行という一大イベントもけいおんらしいゆるいノリで、淡々と描写されている。
気になったのは、本作のテーマが間もなく終わる高校生活と残される梓という後輩への思いに設定されており、それが少し重く、映画としてきっちり作ろうとしているから、テレビアニメのけいおんにあった「日常」に比べると行間を意識させようとする意図が多く見え隠れし、それがシーンの冗長感、キレ味の無さに繋がっている。
その意味で、本作はあくまでファン向けなんだろうなと受け取った。
ずっと見守ってきたファンであればこそ、彼女たち放課後ティータイム(とその周辺の人々)が紡ぎ、募らせた、優しい思いの質量をいつもと少し違う映画作品としてしっかり受け止めて楽しむことができるのかな、と。
                 

コメント

        

        
> > 映画けいおん! (映画)