新婚性活 (ゲーム PC)

                 
"BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」[アダルト]"BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」 [アダルト]
大崎シンヤの描く、可愛くエロチックな女性たち(と男性たち!?) そしてNATORI烏賊の書く、今までにない明るいノリのコメディとエロエロシチュエーションをお届けします! それぞれの家庭の妻や夫たちの心情の変化も、細やかに描写! 彼らの立場から、ロボットの『指導』を堪能(?)して下さい。

(引用 amazon "BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」 [アダルト]

少子化対策として政府は“少子化対策法案” を立案し、施行することにした。それは子どものいない夫婦が、安心して子どもを産み育てることができるように、という補助制度で、制度利用者には住居や生活費の一部などが提供されるが、子どもをもうける努力をする義務 が発生する。
そんな設定・世界観のエロゲーで、制度を利用して、政府の用意した専用マンションに住むことになった5組のカップルの「新婚性活」がオムニバス形式で収録されている。

5組のカップルのうち、きちんと「新婚」であるのは2組で、他はそれぞれ、父娘、姉弟、上司と部下の関係であり、生活苦などの事情から婚姻関係を装って制度の世話になろうとするなかなかの曲者ぶり。勿論、エロゲーなので強引な展開も辞さない形でエロい方向に進んでいく。
話が進んでいくうちにSとMの関係が次第に逆転していったりと、秘められた性癖(欲望)をテーマに捻りのあるシナリオとエロスが楽しめる。ただ、一度カップリング毎の男女の役割が定まると後はずっとそのパターンで先の見えやすい一本道なので、その点で少し物足りなさもある。
大崎シンヤ氏の描くキャラクターは魅力的で、作品の持つ明るくコメディタッチでありながらも背徳的な雰囲気というのをよく表現できていて合っていたと思う。

主人公=プレイヤーというスタイルではないので、感情移入しにくい部分もあるかもしれないが、政府による指導ロボット(ただし故障している)という第三者的な存在により、距離がある二人が性行為を強制されて次第に信頼を寄せ合うようになる展開は、これはこれで、見合いを極端化したような、ある意味リアルでグロテスクな男(社会)の願望をエロゲー化しているなと感じた。もっとも、冷静に考えればこのシステムは男にとっても恐怖であるわけだが。

shinkonseikatsu1.jpg shinkonseikatsu2.jpg
shinkonseikatsu3.jpg shinkonseikatsu4.jpg
                 

コメント

        

        
> > 新婚性活 (ゲーム PC)