上杉謙信 (小説 吉川英治)

                 
上杉謙信
謙信を語るとき、好敵手・信玄を無視することはできない。精捍孤高の武将謙信と千軍万馬の手だれの武将信玄。川中島の決戦で戦国最強の甲軍と龍攘虎搏の激闘を演じ得る越軍も、いささかもこれに劣るものではない。その統率者・謙信と彼の行動半径は――?英雄の心事は英雄のみが知る。作者が得意とする小説体の武将列伝の1つであり、その清冽な響きは、千曲・犀川の川音にも似ている。

第四次川中島の戦いに焦点を当てて描かれた吉川英治の上杉謙信。

上杉謙信を語ることは川中島とライバル武田信玄を語ることであるというその割りきった構成のドラマは、様々な名脇役の活躍もあってなかなかに熱いとはいえ、堪能するには背景を含めた予備知識的なものなどを踏まえた上で、行間から様々なものを読み取る必要性がありそう。生まれてから死ぬまでの一生ではなく、ある局面、躍動していた時期を切り取って上杉謙信という人物を象徴的に描写している。有名な「敵に塩を送る」のエピソードもあり。
                 

コメント

        

        
> > 上杉謙信 (小説 吉川英治)