真田丸 第5回 窮地 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160315 154306
本能寺の変。安土城下の信繁(堺雅人)は京に向かうが、そのすきに松(木村佳乃)を兵たちに奪われてしまう。一方、徳川家康(内野聖陽)と本多忠勝(藤岡弘、)は明智の軍勢から逃れるため、険しい伊賀山中を抜けての脱出を決断。野盗の群れが次々と襲うが、そのときある人物が現れる…。信州で事件を知った昌幸(草刈正雄)は激しく動揺する。再び主を失った真田家を守るため、越後の上杉景勝(遠藤憲一)を頼ろうとするが。

一世一代の大博打に勝ったと思った矢先に本能寺の変が起き、また窮地に立たされる昌幸。この博打運があるのかないのかよく分からないキャラクターを草刈正雄と三谷幸喜のタッグで巧みに演出しているのがここまでの本作で一番の魅力、勿論今回もたっぷりと堪能できる。今回窮地に陥るのはライバルの家康も同様であり、明智光秀の軍を躱すために伊賀越えを経て命からがら三河へと帰ってくるのだが、その時の家康の小心者ぶりや怯えた様子が三方ヶ原の敗走と重ねられている。前回からの伏線をうまく利用しており、視聴者をニンマリさせてくれる憎い演出もさすが三谷幸喜といったところだろうか。

追い詰められた昌幸は上杉家への従属に活路を見出そうとするが、義を重んじるという建前で断られる。もっとも、それはあくまで建前で上杉は真田を受け入れて信濃から織田を追い出すことができない内情になっていると描写しているところも面白い。全体的に二面性を追及した回になっていた。きりと梅の信繁を巡る恋愛駆け引きを含めて。そんな中、唯一真っ直ぐなのが主人公信繁でそこに物足りなさがどうしても出てくるが、今後にどう活かしてくるのか。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第5回 窮地 (ドラマ)