真田丸 第7回 奪回 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160320 134725
本能寺の変後の混乱に乗じて、昌幸(草刈正雄)は領地の奪回を狙う。滝川一益(段田安則)と北条氏政(高嶋政伸)が戦っているすきに上州の沼田城と岩櫃城を取り戻す。信繁(堺雅人)は一益に人質に取られていた祖母とり(草笛光子)、きり(長澤まさみ)を救出するため小諸城に潜入。信繁の知恵で成功するかに思われたが…。勢いに乗る北条に周囲の国衆たちがなびく中、昌幸は上杉景勝(遠藤憲一)に会いに行くことを決意する。

かくして天正壬午の乱にといったところで終わった前回だったが、相変わらず今回もお約束のように悉く裏目るが懲りずに策を弄し続ける昌幸がそこにはいた。昌幸だけでなく皆が皆そういう感じなので、人質を取って保険をかける以外これといった策がなかった滝川一益という人物は物足りない存在感のまま、あっけなく退場。

前回は信繁と黒木華演じる梅が距離を縮めていたが、今回は長澤まさみ演じるきりとの関係がメインになっている。思ったことを何でも平気で口に出す、この鬱陶しくて手を焼く女性と信繁との間で繰り広げられるまるで夫婦漫才のような小気味好いやりとりはまさに三谷幸喜の真骨頂。三谷幸喜自身、こういうタイプの女性が好きなのだろうというのが伝わってきて微笑ましい。ただ、作中では扱いにくいキャラに設定されている「きり」なのだけれども、劇作家としては非常に扱いやすいというのが見え見えで演出過剰に陥ってしまっているようにも映る。ここも三谷幸喜らしいっちゃらしいのだが、大河ドラマとしてはどうなのかと好みが分かれそうではあった。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第7回 奪回 (ドラマ)