真田丸 第8回 調略 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160322 175547
北条氏政(高嶋政伸)と上杉景勝(遠藤憲一)。織田軍が撤退した後の信濃をめぐって、川中島を舞台とした大大名同士の直接対決が迫る。真田昌幸(草刈正雄)は上杉に臣従したように見せかけ、北条への寝返りを図る。昌幸の命を受け信繁(堺雅人)は上杉軍に潜入。旧武田家臣の春日信達(前川泰之)への調略に挑む。父の期待に応えようと奮闘する信繁。しかし、昌幸の策には、信繁にも明かされていない真の狙いが隠されていた…

昌幸の裏の裏の裏をかいたような策により上杉・北条を双方を同時に欺いて信濃を空にするという離れ業をやってのける。一見すると無茶苦茶な芸当なのだが、それを流れるようにうまく繋いで演出してみせるところは流石といえる。その一方で、わちゃわちゃと落ち着きのないところも出ていて全体的に浮ついた空気が漂っていたのが残念。ただ、如何にも都合のいいように進んでいるように見せておいて、そのあたりは昌幸がどう転んでも良いように一つ一つ結果を想定してそれぞれのシチュエーションに応じた保険をきっちりかけているという裏設定のようなものがあることを匂わせていたのは巧かった。

今までのパターンだと必ずどこかで裏目に出てコケてしまう昌幸であったが、今回は最後まで大名共を手玉にとって事をうまく運んで見せる。と思わせておいて、オチで家康に思惑を見破られるようなシーンを持ってきて締めてくるのだからこのシリーズ、まさに三谷幸喜の作品であると唸らされた。いずれにせよ、今のところ個人的には『軍師官兵衛』よりもずっと「策謀」を巡らしている感があって本作を楽しめている。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第8回 調略 (ドラマ)