真田丸 第10回 妙手 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160328 191320
北条と徳川との突然の和睦に、真田家はとまどっていた。信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)は浜松城に乗り込み家康(内野聖陽)とじか談判。真田のために新たに城を造るよう要求する。しかし、家康は真田にとって大切な沼田領を北条に渡せと言い出す。一方、梅(黒木華)から嬉しい知らせを聞いた信繁は奮起。真田家の苦境を打開するため、一度は裏切った上杉景勝(遠藤憲一)の心を動かそうと、単身で春日山城に向かう。

のっけから室賀が癇癪を起こす。演じる西村雅彦といえば古畑任三郎の今泉役を一番に思い浮かべる人間としてはこれぞ西村雅彦の真骨頂といったシーンではあるのだが、残念ながら年のせいか演技と存在感にキレがなかった。この演技のキレでもう室賀が死ぬんだなと視聴者として悟ってしまう。

徳川と北条の和睦を聞いた真田は強気の策で事態の打開を図ることを決め、徳川には城を作らせておいて、一方では上杉に近づいて猿芝居を持ちかけ、北条を退かせてみせる。この上杉との交渉役に前回大きな成長を感じさせた信繁が抜擢され、見事に上杉景勝の心を動かしてみせるのだが、信繁の成長を改めて感じさせるシチュエーションの一方で信繁に簡単に手玉に取られてしまう景勝の甘さが今後の上杉の行く末と重ねて示唆的に描写されているのが面白かった。

ただ、信繁の成長の源泉が梅と男女の仲になったことで、更に続けて子どもが出来て父親になるという事実の発覚と結婚を決める男の覚悟の発露というベタな比喩表現の徹底には閉口させられた。このままだと信繁が絡むシーンだけ薄ら寒くなりそうなのだが……。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第10回 妙手 (ドラマ)