無彩限のファントム・ワールド 第13話 永遠のファントム・ワールド (アニメ)

                 
musaigen13.jpg
エニグマに能力を奪われた晴彦。そのエニグマは母の身体を捨て、逃げてしまった。
眠って起きない母。母の再婚相手。様子のおかしくなってしまったルル……。
小糸がエニグマの痕跡を辿るも、エニグマの居場所を見つけ出すことができない。
そんな時、ようやく阿頼耶識社で拾った謎のデバイスの修理が完了する。そのデバイスの中に隠されていたものとは……。

このアニメもとうとう最終回。晴彦が失われた力を取り戻してエニグマを倒すまでの過程と母が再婚相手も好きだけど晴彦のことも忘れたことはなかったという感動的でありながらもしょうもないエピソードを見せられて、このアニメって本当に晴彦が主人公だったんだと気付かされた。結局、舞先輩の記憶が改竄されていた事の伏線は回収されず、俺はファントムがいるこの世界が結構好きだとお茶を濁されて終わる。

終わってみれば第一話で舞先輩がリンボーダンスやっておっぱい揺らしてた頃がピークだったというお粗末な出来で、自分が今まで見てきた京アニの作品で一番つまらない作品だと評価せざるを得ないのが残念でならないのだが、90年代のアニメのようにヒロイン(女)が平気で主人公(おとこ)に対して容赦のない暴力を振るったりステレオタイプな家族関係へのコンプレックスをノスタルジックに演出し続けたことなどによる、見違えるほどアップグレードされた世界と「ほとんど」変わらない人間とのコントラストは興味深かった。それだけにもっとプロットやディテールに凝ってクオリティを高めてくれれば化けたのかもしれないのに惜しいなあ……と考えてしまう。
                 

コメント

        

        
> > 無彩限のファントム・ワールド 第13話 永遠のファントム・ワールド (アニメ)