真田丸 第11回 祝言 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160411 172023
信繁(堺雅人)は梅(黒木華)を妻に迎えようとするが、薫(高畑淳子)は大反対し、祝言をあげることを決して認めようとしない。きり(長澤まさみ)も、信繁の決意に大きな衝撃を受ける。一方、家康(内野聖陽)と本多正信(近藤正臣)は、昌幸(草刈正雄)を暗殺するよう室賀正武(西村雅彦)に持ち掛ける。室賀の怪しい動きを察知した昌幸は、その真意を確かめるために、信繁の祝言を利用することを思いつくが…

信繁が梅を妻に迎え、祝言を挙げようとすることに対して梅の出自を理由に母の薫は大反対する。なんとか昌幸の計らいで祝言を挙げることが叶う二人だったが、今度は信繁への気持ちを抑えきれずに世話を焼きたがるきりが信繁と梅の間に割って入ってくる。女が足を引っ張り続ける三谷幸喜テイストのいやらしい展開だなあと思わせておいて、しかし実はその祝言の宴は昌幸の策で、徳川にそそのかされて自分の暗殺を企てている室賀を始末するために開かれたものだった。祝言の場を男たちの都合で血塗られたものにしてしまうことでむしろ男たちの作る世界こそ滑稽で虚しいものであると皮肉的に演出されているのが趣深かった。

今回でお役御免となった西村雅彦演じる室賀。死ぬのは伏線の張り方で分かっていたが、もっと情けない死に方をするものだと予想していたとはいえ、ずっと自分の目の上の瘤のような存在だった昌幸に徳川ではなく俺の家臣になれと言われ、それを断りコンプレックスを滲ませるからこそ映えるプライドと共に散ってみせるなかなかに格好良い最期として描かれたのは意外であった。三谷幸喜の西村雅彦に対する愛と感謝が詰まったシーンでもあると云えるのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第11回 祝言 (ドラマ)