真田丸 第12回 人質 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160417 100151
徳川との決裂が決定的となった。上杉の支援を受けるため信繁(堺雅人)は人質として越後へ行き、景勝(遠藤憲一)のもとで暮らすことになる。一方、残された梅(黒木華)は、きり(長澤まさみ)に意外な事実を明かす。謙信ゆずりの名君ぶりを見せる景勝だったが、実は戦続きで疲弊した領国経営に四苦八苦していた。真田が上杉と手を結んだことを知った家康(内野聖陽)は上田に向け侵攻を開始。いよいよ第1次上田合戦が迫る。

徳川と険悪になった真田はもう一度上杉と交渉してみて支援を受けられないかと懲りずに策を弄する。人質として越後に送られることになった信繁だったが、父とは違い裏表がなく義に厚い景勝の姿に惹かれていく。それは大将としての器というよりも謙信公に対するコンプレックスに対する部分が共感を誘ったり、性格の甘さが結果的に周りを振り回して悪い結果を招いてしまうところへの信繁の内なる女の部分、母性愛的なところを刺激しているようだった。

このパートとうまく繋げられていたのがお梅の妊娠が実は狂言だったのではないかと思わせる場面で、結果的にはお梅は信繁の子とされる赤ん坊を産むのだが、あえて含みを持たされて尚、きりはお梅と信繁との事を祝福する。男が女の立場だったら本当に「母性本能」で景勝に惹かれただろうか、逆に男が女の立場だったらお梅のことを前向きに捉えて祝福できただろうかと考えさせられる程の嫌らしさをいちいち込めた演出で本来ならば退屈になりがちなエピソードをしっかりと魅せてくれるのだから、三谷幸喜の構成力とセンスに脱帽しきりである。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第12回 人質 (ドラマ)