真田丸 第13回 決戦 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160421 172334
ついに徳川家康(内野聖陽)の大軍が上田に押し寄せる。越後から戻った信繁(堺雅人)を加え、真田家は一丸となって昌幸(草刈正雄)の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。お梅(黒木華)の機転をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。数倍の数の敵を相手に、昌幸の策は次々と成功。真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。信繁が駆けつけた先で見たものとは…。

徳川と真田の間で第一次上田合戦が勃発。一話丸々合戦に費やすのは異例のこととして話題になったが、観てみると何の事はない徳川の大軍を城におびき寄せて迎え撃つという古典的で捻りのない戦法で、これを一話丸々やられるのだから視聴者としてはきつい。実際の合戦なんてそんなものなのかもしれないし、そこまでに至る道程などで一応作品としては魅せてくれるものの、折角の合戦回でここまで尺を取ったのにクオリティ自体は他の回と比べて納得いかないものだった。

お梅が合戦中に危機一髪のところを佐助に救われたと思ったら、すぐにまた自ら前線に飛び込んでいって死んでしまうシーンにも違和感を覚えたが、親となることで女性として人として変わることをメッセージとして発しているのでそこらへんとうまく被せたつもりの演出だったのかもしれない。あるいは三谷幸喜、若い嫁さんと再婚して子どもまでいるらしいが、今の結婚生活にどこか不満があって、別れた小林聡美への未練として残っているものをこのシーンに込めているのだろうか。

そういうことを思いながら観ると、長澤まさみ演じるきりが梅と信繁の子は私が育てるからねと云って顔を歪めるシーンが、どこか笑っているようにも映ってくるのだから怖いものである。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第13回 決戦 (ドラマ)