真田丸 第14回 大阪 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160424 203932
物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が、全国の大名に服従を求めていた。上杉景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛。信繁(堺雅人)も景勝に付き従う。徳川家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も強大な秀吉の前に決断を迫られる。途方もないスケールを誇る大坂城に入った信繁は、茶々(竹内結子)や石田三成(山本耕史)らと出会い、秀吉の天下取りを間近で目撃することになる。

景勝に付き従う形で大阪に入った信繁がそこで出会ったのは竹内結子演じる茶々と山本耕史演じる石田三成だった。

竹内結子の茶々はとても無邪気で人懐こい風で、『軍師官兵衛』の時の二階堂ふみにあった厭味ったらしさがなく万人に好感を抱かせそうであったが、同時に妖艶さと力強さも消えていたので、この庇護欲を掻き立てられそうなキャラをどう変えていくのか、あるいはそのまま活用していくのか今後に期待したい。

山本耕史の石田三成は『新選組!』の土方歳三を更にクールで尖らせたキャラに仕立てており、優秀なのだけど不器用で人望がないという三成像がわかりやすく一話でアピールされていた。こちらも『軍師官兵衛』では二階堂ふみと合わせるかのように田中圭が極めて陰気で視野が狭かったのに対すると、本作の三成は孤高の雰囲気で、冷たく当たられた信繁がそれでも三成の側につくというのも納得できそうである。

『軍師官兵衛』の時に比べると茶々と三成の組み合わせが凸凹のユニークなものになっているので、三谷幸喜の腕が遺憾なく発揮されそうなのだが、今回のエピソードは茶々と三成の紹介以外はひどくマンネリな展開であり、もうそれしか期待できないのではないかという諦めの気持ちからも来ている。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第14回 大阪 (ドラマ)