真田丸 第15回 秀吉 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160427 210914
秀吉(小日向文世)は初めて出会った信繁(堺雅人)をなぜか連れ歩く。戸惑う信繁。実は秀吉は昌幸(草刈正雄)が上洛の命令に従わないことにいらだっていた。徳川家康(内野聖陽)が再び真田を攻めようとしていることに対し、上杉景勝(遠藤憲一)に昌幸を助けてはならぬと命じる秀吉。秀吉が正室の寧(鈴木京香)たち家族とともに無邪気にはしゃぐ裏で、自分の故郷と一族を窮地に追いやろうとしていると気づかない信繁は…。

今回のエピソードは秀吉の紹介がメイン。人誑しの秀吉を演じるのは小日向文世。その愛嬌のある表情はきりが評する通り一見すると人が良くて間の抜けたどこにでもいそうな中年男性なのだが、だからこそ時折覗かせる厳しさが映え、言動に表れる才気にも上杉景勝にはない戦国の世を裸一貫でのし上がってきた器を感じさせる。竹中直人の秀吉が良くも悪くも迫力がありすぎて性豪という感じがしたのに対すると、小日向文世の秀吉は柔らかいムッツリ感があって男としての薄さとそこから来るコンプレックスのようなものが滲み出ていて面白い。

その秀吉の奥方である寧を演じるのは三谷幸喜作品ではお馴染みの鈴木京香。三谷作品ではマドンナ役として多くの男を誑かしてきた鈴木京香も年には抗えないのか、と思った以上に老けて込んでいた容姿に視聴者として少しショックを受けてしまった……。ただ、色香漂う妖艶な女としてではなく、豊臣家の母であり妻としての存在であるという役作りからあえて年増女のようなビジュアルや所作になっているのかもしれない。

秀吉が信繁のことを買うことで、三成と信繁の距離も一気に近づく。大谷吉継によれば、三成は地位で人を量るとのこと。信繁に存在価値が出てきたから仲良くしだしたということになるが、このあたりに三成の性格の難しさであり、不器用さが哀愁として漂う。その一方で、山本耕史の凛々しさとふとした折に見せる優しさのようなものに信繁が惹かれてしまうのも分かるな……と視聴者としては思えてしまうところがうまい。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第15回 秀吉 (ドラマ)