真田丸 第16回 表裏 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160430 214425
秀吉(小日向文世)が上杉景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知った信繁(堺雅人)はショックを受ける。秀吉はその信繁を自らの護衛役、馬廻(まわり)衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉が熱を上げる茶々(竹内結子)に気に入られてしまう。一方、家康(内野聖陽)は真田攻めの準備を終えようとしていた。昌幸(草刈正雄)は上杉に援軍を求めるが断られてしまう。故郷が絶体絶命の危機を迎える中、信繁は―

秀吉の配下となった信繁。彼の目を通して成り上がりの秀吉達の群像が大阪城という象牙の塔を舞台にコメディタッチで描かれる。
丁寧な小品仕立てで視聴者にそれぞれの登場人物の個性と関係性を分かりやすく巧みに表現してみせるところがさすが三谷幸喜ではあるのだが、ベタな展開のみでやや小さくまとまりすぎているのと主人公の信繁が狂言回し的なポジションでしかないのが気になった。ただ、信繁については第1話からずっとそうで、登場人物の個性についていけていない点をきっとドラマの終盤には活かしてくれるのだろう。

梅が退場したと思ったら今度はきりと信繁の間に割って入るような形での茶々の登場でまたしても三角関係的な展開を匂わす。茶々に気に入られることで秀吉に嫉妬されるのではないかと身の危険を覚えて焦る信繁は面白かったが、竹内結子の茶々にちょっと無理があるのも別な意味で面白い。

一方、そんなきりや茶々と対照的だったのが、鈴木京香の寧で、あくまで秀吉には妻として豊臣の母として愛されているのであって女としてではないことに何気なく寂しさを漂わせる表情にベテラン女優の凄みを感じさせた。タイトルの『表裏』は秀吉や家康、そして信繁の父・昌幸など男達の駆け引きというだけでなく、女性に対しても掛かっているのだと悲しむことをやめたという茶々の設定、そして女として求められなくなった寧の表情で分かるのである。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第16回 表裏 (ドラマ)