インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (映画)

                 
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]
現代のサンフランシスコ。街を見下ろすビルの一室で、インタビュアーを前に美しい青年ルイが自らの半生を語り始めた。18世紀末、最愛の妻を亡くし、絶望の淵に沈む彼の前に現れた悪魔的美貌の吸血鬼レスタト。彼によって永遠の命を与えられたルイは、レスタトと共に世紀末の夜をさまよう。人間の命を奪うことをなんとも思わないレスタトに対し、人間の心を捨てきれずに苦悩するルイ。だがある夜、母の亡骸にすがりつく少女クローディアと出会ったルイは、衝動的にその命を奪ってしまう。彼女をヴァンパイアの一族のに招き入れるべく新しい命を吹き込むレスタト。しかし、それは思わぬ悲劇の始まりだった! アン・ライスのベストセラーを「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダンが映画化。永遠の命を生きるヴァンパイアの苦悩と孤独が、妖しく華麗な映像によって幻想的に綴られる。

1994年のアメリカ映画。

現代のサンフランシスコでブラッド・ピット演じる吸血鬼のルイが自分が吸血鬼になってからの半生を振り返りながらインタビュアーに答える。家族を亡くし、絶望しているところをトム・クルーズ演じる吸血鬼レスタトによって自身も吸血鬼にされてしまうこと。欲望の赴くままに人を襲うレスタトと違い、自分は人間の心を捨てきれず吸血鬼としての本能との間で苦悶したこと。クローディアという少女との出会いを通して不老不死の意味を考えさせられたこと。アーマンドという師と呼べる吸血鬼を見つけたと思ったら彼はルイを自分だけのパートナーにするために謀ってクローディアを死に至らしめたこと。そして、ルイは結局人間の心を捨てて、レスタトと同じように人を襲うようになったこと。

ルイの口から語られる半生を通して、鑑賞者である自分はそこに映る吸血鬼の姿に力を持った人間そのものの姿を見出した。映像技術の発達などを通してやがて日光も擬似的に堪能できるようになることで吸血鬼はより人と変わらないライフスタイルを送れるようになり、また逆に人もより吸血鬼に近づいていることが示唆されている。その中間の存在としてルイは矜持を保ち続けていることが作品としてのメッセージになっているのだろう。人を襲うようになったと自虐的に吐露するシーンがあるが、これは嘘をついている可能性があり、我々の側の解釈に委ねられている。

目を見張るような展開があるわけではないが、叙情的に綴られるドラマは舞台芸術のような臨場感で以って訴えかけてくる。ただ、ブラッド・ピットの演技はまだ青いというか、線が細く、作品が押し出そうとしている迫力に取り残されてしまっているように感じた。それもまた意図的な演出と考えると趣きがあるのだが。
                 

コメント

        

        
> > インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (映画)