真田丸 第17回 再会 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160502 181338
信繁(堺雅人)は、秀吉(小日向文世)が家康(内野聖陽)の真田攻めを許したと知り驚く。必死で取り消すよう頼むが、秀吉は取り合わない。昌幸(草刈正雄)は、家康以上に秀吉への警戒を強める。一方、信繁は茶々(竹内結子)に仕えることに。無邪気な茶々は信繁を翻弄する。やがて家康の上洛が決定するが、秀吉はある策を使うために信繁を利用しようとする。さらに、信繁の前に現れたのは、意外な人物によく似た女性であった

大阪城で姉、松とのまさかの再会を果たす信繁。松は生きていた? でも記憶が失われているらしいというベタベタなファンタジーが徳川に攻められそうになって今度ばかりはという絶体絶命の窮地を結局はしてやられる形で秀吉に救われる真田家の姿にうまく重ねられていた。

秀吉の妹の旭を演じる清水ミチコのインパクトなど今回も合間合間に挟まれるコント仕立てエピソードによって軽やかに展開されていくが、そんななかだからこそ冷たいと評される三成が垣間見せる熱い想いとそれを察することが出来る存在とそうでない存在に分けられるシーンや秀吉という存在への対応を巡って狼狽する真田昌幸とそれを信幸が冷めた目で見るシーンなどが映え、重厚感を増した演出になっているのだから面白い。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第17回 再会 (ドラマ)