ラブライブ!The School Idol Movie (映画)

                 
ラブライブ! The School Idol Movie (特装限定版) [Blu-ray]ラブライブ! The School Idol Movie (特装限定版) [Blu-ray]
人気アニメ「ラブライブ!」シリーズの劇場版。3年生の卒業をもって活動終了と決めていたμ'sの下に、ひとつの知らせが舞い込み、新たなライブをすることに。限られた時間の中で、μ'sが見つけた最高に楽しいライブとは…。

2015年の日本のアニメ映画。

TVアニメ『ラブライブ』の劇場版。
アニメ2期のラストでμ'sは3年生が卒業したら活動終了と決められていたが、アニメ本編(卒業式)の後という時間軸で作られた本作では、ドーム大会の実現に協力して欲しいという要請を受けて再びμ'sが動き出す。テレビドラマの映画化のようにとりあえず海外にでも行かせておけという展開には辟易させられたものの、全編に亘ってラブライブのファンでありμ'sのファンである鑑賞者に対して、アンコールには応えたけれどやっぱりμ'sはこれで終わりですという製作側のメッセージが発せられており、どこまでも製作サイドとラブライバーとの対話で成り立っている作品なんだと思わせられたところはまさに「みんなでかなえた物語」として締めくくられていた。

μ'sとμ'sを構成するそれぞれのキャラクターについてはツボをつこうとしつつも特にフィーチャーしているわけではなく、センチメンタリズムを漂わせた空気を含め製作者側からの意図がμ'sを飛び越えて前面に出てしまっているせいで、鑑賞者にとっては却って没入感を阻害されてしまっているのだが、テレビシリーズの終わりにあった余韻を出来る限りそのまま膨らませることでけじめをつけられており、ターゲットであるラブライバーに感謝と共に気持ちの整理をつけてもらいたいというキャストとスタッフの想いが伝わってくるのだ。

はっきりいって自分としてはあまり面白くなかったのだけど、テレビシリーズを全話視聴して制作サイドとファンの気持ちがわかるような気がする立場の人間としては悪く言うこともできない。なんともモヤモヤさせられた作品だったが、そこがまた他の人にとっては良さとして受け入れられているのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > ラブライブ!The School Idol Movie (映画)