総員玉砕せよ! (漫画 水木しげる)

                 
総員玉砕せよ! (講談社文庫)総員玉砕せよ! (講談社文庫)
昭和20年3月3日、南太平洋・ニューブリテン島のバイエンを死守する、日本軍将兵に残された道は何か。アメリカ軍の上陸を迎えて、500人の運命は玉砕しかないのか。聖ジョージ岬の悲劇を、自らの戦争体験に重ねて活写する。戦争の無意味さ、悲惨さを迫真のタッチで、生々しく訴える感動の長篇コミック。

著者の体験をベースにして第二次世界大戦における南方戦線の模様が描かれている水木しげるの漫画で、戦争の悲惨さや無意味さが等身大の兵士達の姿から伝わってくる。

水木しげるの分身として登場する主人公の丸山二等兵は上官の理不尽な命令や暴力に耐え、貧しい食事と不衛生という劣悪な環境下で重労働をこなす。そんな極限下の戦場であっても、いやそんな戦場であってか、多くの兵士たちはあっけらかんとしていつも考えていることは飯と女のことばかり。そんな人間味溢れる仲間たちの多くが敵のアメリカ人ではなく、同じ日本人の上官によって命を粗末に扱われたことに対しての怒りが作品には徹頭徹尾貫かれていた。その一方で、美学や軍紀のために下の人間には玉砕を強いながら自分だけはちゃっかり助かろうとする参謀の姿を通して、上に立つ人間のズルさにも人間味を醸していて、同じ人間としてそういう風に指揮を取らざるを得なかったことを哀れんでもいるところが如何にも水木しげるのようでもあった。

あとがきで参謀は実際は逃げてしまったと明かされているが、作中では殺されている。これは単に参謀への憎悪と同時に主人公と共に作中で死なせることで「名誉の戦死」を遂げさせて、参謀もまたその名誉に翻弄された被害者の一人でもあるというメッセージにもなっているのだろう。

解説で紹介される水木しげるの「私、戦後二十年間くらいは他人に同情しなかったんですよ。戦争で死んだ人間が一番かわいそうだと思ってしましたからね。ワハハ」というコメントが胸に響く。
                 

コメント

        

        
> > 総員玉砕せよ! (漫画 水木しげる)