山賊の娘ローニャ 第18話 「洞窟にひそむもの」 (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20160515 162713
城を出ること決意したローニャは、一人満月の輝く春の夜空の下を歩き、ビルクのいる「クマの洞」にたどり着いた。すやすやと寝息をたてて眠るビルクに対して、マッティス城のことを考えていたローニャはなかなか眠りにつくことができなかった。

ローニャとビルクの愛の洞窟同棲生活を延々と見せられる。食べているもののメインがパンとチーズなのは早晩この関係であり生活が破綻を迎えることを示唆している。洞窟での食事シーンはラピュタのオマージュを感じさせたが、ラピュタほど食事シーンがそそられないのは食べ物そのものの描写の差ではなく、やはりキャラクターの表情や躍動感に差があるからなのだろう。
                 

コメント

        

        
> > 山賊の娘ローニャ 第18話 「洞窟にひそむもの」 (アニメ)