真田丸 第19回 恋路 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160516 225025
信繁(堺雅人)は茶々(竹内結子)にせがまれ大坂城の中を二人きりで案内する。まだ若い茶々が過酷な運命を生き抜いていたことを思い知った信繁は、奔放に振る舞う茶々に対し好意を抱いてしまう。九州平定を目前にした秀吉(小日向文世)は茶々を側室にしようと考える。秀吉の周囲は信繁と茶々の仲をいぶかり始める。一方、家康(内野聖陽)は信幸(大泉洋)と、忠勝(藤岡弘、)の愛娘・稲姫(吉田羊)との政略結婚を持ち掛ける。

茶々と信繁そして秀吉の三角関係を中心に、稲姫と信幸の政略結婚や、寧やきりの思いなど、それぞれの複雑な恋模様が描かれている。秀吉の思いを受け入れることになるときに茶々が垣間見せる野心めいた表情は茶々はやはりそういう魔性の女路線でいくと示唆されていたが、それは信幸との政略結婚を受け入れる稲も同様で、男たちの都合に翻弄される女たちが、逆に男を手玉にとってみせようとするしたたかさが演出されている。

茶々が信繁に将来(大阪の陣)の話をメタメッセージ的に話してみせるところは呪詛的でもあって茶々というキャラクターの特別な存在感とちょっとした恐怖感が醸されていた。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第19回 恋路 (ドラマ)