真田丸 第21回 戦端 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160530 143548
待望の嫡男誕生で勢いに乗る秀吉(小日向文世)は、北条氏政(高嶋政伸)に上洛するよう迫る。秀吉に臣従すべきという家康(内野聖陽)の勧めにも耳を貸そうとしない氏政は、逆に秀吉に条件を突きつける。それは真田が治める沼田領を引き渡すようにというもの。自らの領地を勝手に交渉の道具にされ昌幸(草刈正雄)は「戦も辞さぬ」と激怒する。戦国を終わらせようとする秀吉とそれにあらがう父の間で信繁(堺雅人)は板挟みとなる。

生まれてきた我が子に戦のない世を与えてやるために秀吉は北条へ上洛を迫り、天下統一を急ぐ。北条と同盟関係にある家康も氏政に対して秀吉への臣従を勧める。これに氏政は真田の治める沼田領を北条に返してもらえるならという条件をつけるが、真田が当然承服するわけがない。必死の思いで沼田城を奪い、守り続けてきた昌幸は激昂し、沼田を北条にやってもよいと考える秀吉との間で板挟みとなった信繁は困り果てるが、新しい時代の戦の方法、論戦で決着させてはという大谷の案により、真田からは信繁が、北条からは江雪斎が立ち、双方の主張を戦わせることになる。

高嶋政伸演じる氏政がいい味を出しているだけに北条に関しての小田原攻めパートが思ったより濃厚に描かれそうなのは嬉しいところ。

今回の見どころは寧と茶々とのやりとりで、子どもを産んだ人間にしか分からないと実際に産んでみせた茶々がさり気なく酷いことをいえば、寧も平然としつつも秀吉のことを猿と言い放ち、秀吉のことをそう呼べるのは自分だけと暗に主張してみせる。一見和やかであっても二人の女の間には確かに火花が散らされており、これを三谷幸喜がどうまとめてくるのかも楽しみだ。ただ、いまいち竹内結子の演じる茶々には人を惹きつける魅力や魔性を感じないのだが、それも三谷の意図した演出なのだろうか。

演出といえば、稲との関係に疲れて胃が痛む日々を送る信幸とは対照的に、信幸と離縁した元妻のこうが元気を取り戻していくところも含蓄がありそうで趣深い。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第21回 戦端 (ドラマ)