山賊の娘ローニャ 第21話 「とどろく滝と鳥女」 (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20160605 145041
ローニャとビルクの前に山賊のひとりリル・クリッペンが現れた。ローニャは自分が城に戻ることを父マッティスが待っているのかクリッペンにたずねるが、実はマッティスがローニャのことを全く話してないことがわかりショックを受ける。

ローニャとビルクのもとに現れたマッティス山賊のクリッペンはロビスから預かったパンと早く戻って来るようにというメッセージをローニャに渡す。ローニャは母親が自分のことを心配してくれていたこととパンの差し入れを涙が出るほど喜び、心が揺らぐ。しかし、肝心のマッティスが未だに自分のことを無視し続けていることを聞き、意地を張り続けることを決める。それを複雑な表情で見ていたのはビルク。ローニャが自分のもとを離れることへの不安と自分のところにはボルカ山賊が来ないことに屈辱を感じているのだろうか。

ローニャやビルクがいなくなったことでマッティス山賊は大きく変わってしまったとあり、山賊退治に大勢の兵が派遣されたことで山賊稼業が落ち目になるなど時代の移り変わりとローニャとビルクの関係性を比喩的に重ねていた回でもあった。鳥女に追いかけられるなか、ローニャとビルクが力を合わせて逃げるが、この一連の逃避行も今後の展開に繋がる大きな未来というものを示唆している。
                 

コメント

        

        
> > 山賊の娘ローニャ 第21話 「とどろく滝と鳥女」 (アニメ)