真田丸 第22回 裁定 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160606 161202
北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。信繁(堺雅人)は真田の代表として弁舌と胆力の限り北条に勝負を挑む。徳川方の証人・本多正信(近藤正臣)も加わり、一瞬の隙も許されない大論戦が展開。秀吉がいよいよ裁定を下す。武勇によって事を決する時代の終わりに昌幸(草刈正雄)の胸に去来するものはー

沼田を巡って北条代表の江雪斎と真田代表の信繁との間で法廷劇のような舌戦が繰り広げられる。新しい時代の戦の形として描かれ、江雪斎もこれで本当の戦が避けられるのであればと満更でもない様子だったが、信繁に言い負かされてしまう。江雪斎だけではなく三成もこれには慌て、このままでは本当に戦になるからと何とか真田に北条への沼田割譲を認めさせる。という、既定路線の上で物語は進むのだが、沼田裁定に様々なエッセンスを取り入れて見応えのあるドラマに仕立てているのが三谷流。また、信繁についてもやはり昌幸の息子であるという表裏比興の一面を演出し、今後の信繁の活躍に期待したくなる回になっていた。

結局真田は北条に沼田城を明け渡しただけではなく、名胡桃城まで攻め落とされてしまう。氏政は上洛を拒み続けるが、武将の血が騒いで疼きを感じていた秀吉にとっては願ってもない展開か、はたまた自分の下した裁定をないがしろにされたことへの怒りか、実に嬉しそうに秀吉は北条征伐を決めるのだった。温厚な中に隠れている秀吉の狂気が小日向文世の演技によってふと覗かせた時の恐怖感もなかなかのもの。

いよいよ次回は小田原攻めとなるが、北条家に絡むエピソードをこれだけ濃厚に描くのはなかなか珍しいのではないだろうか。三谷幸喜は氏政にどういう味付けをして北条の最後を飾らせるのだろう。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第22回 裁定 (ドラマ)