ひぐらしのなく頃に 第3話 「鬼隠し編 其の参 疑心」 (アニメ)

                 
higurashi03-3.jpg
…かつて学校に在籍していた「悟史」という少年。
大石の話によれば彼は沙都子の兄であり、そして一年前に失踪したという。
毎年起こる連続怪死事件の被害者たちは何故か必ず部活メンバーに関係があり、そして次に狙われるのは圭一かもしれない、と…。

その言葉を裏付けるように、その日から周囲の様子が怪しくなっていく…

そしてついに圭一の身に危険が!?

周囲の様子が怪しくなってきて疑心暗鬼に囚われた圭一は徐々に狂気じみてくる。その有様が一年前に失踪した悟史とよく似ていると指摘され、愕然とする。更に、次に狙われるのは自分であることを警察の大石から仄めかされ、ますます正気を失っていく。

己のことに置き換えて考えてみると確かにお見舞いにもらったおはぎに針が入ってたりとまともな状況じゃないので正気でいられないだろうけど、アニメでタッチやキャラがほんわかし過ぎているので迫力に欠けるところがあった。ただ、そこらへんを想像力なり行間を読み取るなりで、よりサスペンスとのギャップが際立って楽しむ事ができるのだろう。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第3話 「鬼隠し編 其の参 疑心」 (アニメ)