ひぐらしのなく頃に 第7話 「綿流し編 其の参 嘘」 (アニメ)

                 
higurashi07-2.jpg
…村長が行方不明になった翌朝、不安になった圭一は、祭具殿へ忍び込んだことを梨花に打ち明けてしまう。

その晩、圭一との電話で詩音は「村長さんが行方不明になったのは 自分があの晩のことを話したからだ」と告白する。

動揺し、梨花の身に危険が及ぶことを心配する圭一。
そしてついに不安は現実のものとなり…!

行方不明になったのは村長。祭具殿に忍び込んだことを村長に打ち明けたからだと圭一に話す詩音。次に行方不明となったのが沙都子と梨花。更に詩音の発言の矛盾や大石からの話で、本物の詩音は既に失踪していることに気づく。圭一は自分が話をしているのは詩音ではなく一体誰なのか問いただす。

レナがちょっとした名探偵化していた。一方で魅音が突如狂気に取り憑かれたように豹変するキャラなのは鬼隠し編と変わっていない。レナは怪しげな雰囲気を纏っておらず、鬼隠し編で圭一に殺されるこの二人のキャラの綿流し編での差は何を示唆しているのだろう。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第7話 「綿流し編 其の参 嘘」 (アニメ)