ひぐらしのなく頃に 第10話 「祟殺し編 其の弐 キズナ」 (アニメ)

                 
higurashi10-1.jpg
…沙都子が学校を欠席した。

大石という刑事が沙都子を尋ねて学校へやって来るが、その乱暴な態度に圭一は不吉な印象を受ける。
そこへ通りがかった入江の口から、沙都子の辛い過去が語られた。

両親を失った後、叔父夫婦に引き取られた沙都子は、その夫婦から虐待を受けていたというのだ。
しかもその叔父がつい最近雛見沢に帰ってきたという 噂を聞いて、ますますイヤな予感を募らせた圭一はその家を訪ねてみるが…

綿流し編まで見て唯一まともな存在だと思っていた大石が今回はどうもおかしい。沙都子も様子がおかしく、どうやら虐待されているらしい。確かに同居の男は如何にも反社会的存在のような粗暴な感じで印象が悪い。沙都子を救いたい圭一は魅音に園崎家の力で出来るなら沙都子の同居の男を祟り殺して欲しいとか言う無茶なお願いをする。

主人公も含めて登場人物全てが怪しい今回の話だったが、ダム建設に賛成した沙都子の両親と家出をしたということになっている沙都子の兄である悟史が大きなキーとなっているのは間違いないだろう。「にぃに」として沙都子の頭を撫でた圭一が激しく拒絶され、沙都子の中に隠されていたトラウマのようなものを呼び起こしていたことから、実は虐待をしていたのは悟史で、それを認めることが出来ない沙都子が虚言や狂言を駆使しているといったことも考えられる。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第10話 「祟殺し編 其の弐 キズナ」 (アニメ)