ひぐらしのなく頃に 第11話 「祟殺し編 其の参 境界(さかいめ)」 (アニメ)

                 
higurashi11-1.jpg
…教室で突如暴れだした沙都子の姿を見て、魅音たち部活メンバー一同は心を痛めながらも結局何も打開策を見つけることができない。

しかしこのままでは叔父の虐待によって沙都子の精神が破壊されてしまうのは時間の問題でしかない。

追い詰められた圭一はついに、ある決断を下す…。

圭一は突如取り乱した沙都子の様子を見て、このままだと沙都子が壊れてしまうのではないかと思いつめる。そして、叔父の虐待から沙都子をなんとか救いたいという一心で圭一が思いつき実行に移したのが、沙都子の叔父を殺すことであった。綿流しの晩、沙都子の叔父を殺して土に埋めた圭一はその帰りに鷹野と出くわし車に載せてもらうが、そこで鷹野の口からが圭一の行動を把握しているような言葉が発せられる。

主人公の圭一についてはやたら思い込みが激しく、それはどうやら圭一が転校してくる前の学校でいじめにあっていて、そのコンプレックスからではないかと視聴者に思わせるような描写があった。つまり、沙都子が叔父に虐待されているという事実はやはりないのではないかと思われる。そして、怖いのがその上で尚、沙都子の叔父を圭一に殺させようと周囲の人間が謀っているようなところであった。

もっとも、叔父を殺したのも含めて思い込みの激しい圭一の妄想であったというオチも考えられるのだが……。圭一の知能指数はかなり高いのではないかと回想シーンで触れられていたので、考えすぎるところがあるということだろうか。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第11話 「祟殺し編 其の参 境界(さかいめ)」 (アニメ)