真田丸 第24回 滅亡 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160620 122118
信繁(堺雅人)は沼田裁定で競り合った本多正信(近藤正臣)、板部岡江雪斎(山西惇)から頼まれ、北条氏政(高嶋政伸)の説得に向かう。降伏するように説くが、氏政は容易には受け入れない。やがて徳川家康(内野聖陽)、上杉景勝(遠藤憲一)、そして昌幸(草刈正雄)が氏政の元をひそかに訪れる。東国でしのぎを削った強敵同士として、秀吉に許しを請い生き延びることを勧める。実力を認め合う者たちの言葉に氏政の下す決断はー

信繁の説得により、氏政は降伏を受け入れ、切腹をする。生き延びて、秀吉の配下として徳川や上杉、真田らと共に戦うという道も選択できたが、氏政は秀吉と天下を分けた戦を出来なかったことを悔やむ己の矜持を貫いて、あくまで死を選ぶ。秀吉に臣従してご機嫌伺いをする信繁と同い年の伊達政宗の道化としての役回りを生の象徴として対照的に描きつつ、生き残って雌伏の時間を過ごしながら機を伺う者達の姿と心に秘めたものを後の展開への伏線としてこれでもかと張りながら描かれている。隠喩表現が多すぎて却ってベタになっている気がしたが、家康の関東への転封と江戸に拠点を置いたことへの自虐と怨念めいた表情と口ぶりなどは視聴者に対して提示した後に豊臣家へ牙を剥く男の姿として分かりやすい。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第24回 滅亡 (ドラマ)