真田丸 第25回 別離 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160627 180750
北条の滅亡によって秀吉(小日向文世)の天下統一が完成。しかし、その矢先、秀吉の愛児鶴松が重い病を患う。日に日に悪化する病状。信繁(堺雅人)や三成(山本耕史)は、千利休(桂文枝)のことが頭から離れない。利休は武器商人として北条ともつながり暗躍していたが、それを信繁たちが突き止めると秀吉によって切腹に追い込まれたのだ。利休の呪いを恐れる人々。家康(内野聖陽)は秀吉が嫡男を失った後の天下の行方を思い描く。

天下統一を成し遂げた秀吉だったが、鶴松が重い病を患って死亡してしまう。この鶴松の病と死が実は切腹させた千利休の呪いなのではないかという噂が城内で広がる。そう、利休は堺の商人としての一面があり、それが行き過ぎているのではないかということで既に切腹させられていたのだった。更に、豊臣家の調整役であり、信繁からも信頼されるような眼を向けられていた秀長も亡くなるなど、まさに今回は別離がテーマ。利休の死には実は茶々(淀)が関わっていたり、秀吉を励ますために信繁が明を攻めることを進言したりと因果が巡る様が三谷らしいコメディタッチの日常ドラマの中に描かれていた。大谷吉継の病気についても「利休の呪い」についての含みを残した上での伏線となっている。

テーマは「別離」ではあるが、別離を描くことで「連環」を意識させるところは流石だし、そのために脚本自体がとにかく作中の真田昌幸のように小細工を弄してばかりなのも、それ自体がメタな意味で『真田丸』という作品を物語っていて面白いのだが、少し作り過ぎていて明らかにフィクションであることを思わせた。軽薄さが漂い、作品から迫力がスポイルされてしまっていたのは気になったところではある。
                 

コメント

        

        
> > 真田丸 第25回 別離 (ドラマ)