ひぐらしのなく頃に 第17話 「目明し編 其の弐 ケジメ」 (アニメ)

                 
higurashi17-3.jpg
…叔父夫婦からの虐待は続き、次第に追い詰められていく悟史。
綿流し祭の前日、その悟史から園崎家へ連絡が入る。

  「自分は綿流しに行けないから、
   沙都子を連れてやってほしい」

…そして祭の夜、北条家の叔母が何者かに殺された。

警察の事情聴取を受け、そしてそのまま園崎本家に「連行」される詩音。
そこには当主お魎を始めとする一族が彼女を待ち構えていたのだった…。

悟史との仲が険悪になった詩音だったが、そこに悟史から謝りたいという電話が来る。魅音はひどいことをしていないのに、って、いやいや滅茶苦茶沙都子に対してひどいことをしたと思うんだけど。

ただ、話を追うとやはり悟史は詩音(魅音)に対して心は開いていないということが、沙都子を綿流しの夜に連れだして欲しいという願いで分かる。詩音(魅音)に沙都子を任せて、悟史は綿流しの夜に叔母を撲殺するのだ。つまり、かなり間接的に殺人の協力をお願いしたことになり、悟史と詩音の仲直り後の交流が色褪せて映ってくる。

悟史の叔母が何者かに殺されたと聞き、アリバイのない悟史が犯人ではないかと不安に陥った詩音は警察に対して悟史が自分と一緒に綿流しの夜にいたというアリバイをでっち上げ、更に自分は魅音の双子の妹の詩音であることを告白するが、それが園崎家の怒りに触れ、魅音達によってケジメとして爪を剥がされてしまう。

当初は強がって悟史への気持ちや園崎家への不満も平気で口にしていた詩音も拷問によってすっかり萎れてしまっていた。更に気持ちを沈ませたのは、悟史が失踪したという報せであった。

映像としては悟史は叔母を確かに撲殺しているのだが、綿流しの夜に一人死んで、一人が失踪するというのを誰かに吹きこまれて、それで最初から自分は逃げる算段をつけていた線もあるだろう。都合よく、悟史の代わりに犯人が見つかるところも共犯者や黒幕の存在を伺わせた。そして、叔母が殺されているのは梨花の予言通りである。
                 

コメント

        

        
> > ひぐらしのなく頃に 第17話 「目明し編 其の弐 ケジメ」 (アニメ)